本文へスキップ

トーナリティは、出雲にあるヒプノセラピー(前世療法、インナーチャイルド)をあつかう個人サロンです。


電話でのお問い合わせはTEL.090-7504-8443
〒693-0082島根県出雲市中野美保南2丁目-2-1

よくある質問

Q1.ヒプノシス(催眠)でコントロールされませんか?

”催眠”というと、テレビでやる「催眠術」=催眠術師に行動をコントロールされるものをイメージされる方が多いのですが、セラピーで言う”催眠”とはまったく違うものです。ヒプノセラピーでいう”催眠”は、変性意識状態といって、リラックスしていて、集中している状態を指します。映画や本に没頭しているときはとても集中していますが、あの状態のことです。誰からもあやつられるものでもなく、常に自分の意識は目覚めた状態です。ですからセラピー中はあなたの意思ですべてをコントロールできていて、やめたくなればすぐにやめることができます。また、しゃべりたくないことを言うこともありません。

Q2.どれくらいで効果がでるのですか?

どれくらいで効果がでるかは、それぞれの問題の深さや状況によって違います。問題が深く、複数の悩みが重なっている方の場合は時間がかかるものです。一回のセッションで、大きな癒しが起こることもありますが、変化の様子は在る程度、時間の経過の中で見る必要があることをご理解ください。また、インナーチャイルドをあつかうヒプノでは、チャイルドの様子にあわせてすすめるものです。また、どれくらい深く取り組むのか、というのは、お客様しだいでもあります。

Q3.誰もが前世を見ることができますか?

これまで行った過去世退行のセッションでは、前世を見れた人が多かったですが、どうしても見ることができないといったケースもありました。また、途中まで順調だったのに、何かのきっかけで集中できなくなってしまうケースもありました。その原因は主に2つあるように感じています。ひとつはリラックスが充分にできていない場合。もうひとつは、その問題に関連した前世にアクセスできる準備が、まだ整っていない場合です。準備ができていないというのも妙な言い方ですが、今世に大きなトラウマを抱えている場合は、それを解放してからでないと前世にいけない場合もあるからです。たまねぎの皮をむくようなイメージで、上から1まいずつという感じです。

Q4.前世を映画のように頭の中で見るのですか?

人は視覚的にとらえる人(視覚タイプ)もいれば、聴覚的に聞き取れるひと(聴覚タイプ)、感覚的に感じ取れる人(感覚タイプ)がいます。見えるという人もいれば、何も見えないけど何かが感じられるという人もいます。何も見えないし、感じられないけど言葉がやってくるという人もいます。 これまでのセッションをみてみると、過去世(前世)の様子が、視覚的に見える人が多かったのですが、情報はどのような形でやってきてもかまいません。正しい体験のしかたがあるわけではありません。

Q5.過去世退行って、危なくありませんか?

過去世退行は安全です。危ないものではありません。潜在意識は準備のできたものしかあげてきません。見る必要があるものだけということです。そして、すべてのコントロールはあなたにあります。やめたくなればいつでも、セッションを修了させることができます。